HOW TO太陽光発電投資

作った電気を電力会社に買い取ってもらう太陽光発電システム

太陽光発電システムを自宅や倉庫の屋上に設置すれば、発電した電気を自宅で使えるので、電気代の節約になります。さらに余った電気は、電力会社へ売ることができるため、収益が得られます。もし有効利用していない土地があるなら、屋根ではなく地面に設置することも可能です。土地と太陽光発電システムの両方をセットで販売している業者もあります。
為替相場とは違い、電力には固定価格買取制度があるため、電力会社による買取価格が20年間保証されています。突然、電気の価格が暴落するような心配がありません。しかも万が一の災害で、発電しなくなった場合の保険制度も整っています。一般的に定期メンテナンスは設置会社が無料で行うため、維持費がかからないというメリットがあります。

太陽光発電システムは安全な不労収入となる

太陽光発電システムによる発電は、季節ごとに多少の変動はあるものの、太陽さえあればパネルが自動的に電気を生み出します。そのため安全な長期型の投資と言えるでしょう。太陽光発電システム設置にかかる費用は、分割にすることで、毎月の売電収益から無理なく支払うことができます。そして支払いが終われば、作り出した電力の全てが利益に転じます。
また、太陽光発電システムでは月ごとに安定した不労収入が得られます。そのことから、年々減り続けている公的年金に代わる老後の収入源と考える人も増えています。
さらに太陽光発電システムは、発電を行う時に二酸化炭素を生み出さないため、地球温暖化を防ぐことになり、地球環境にも役立ちます。